ホーム > CSR > お客様/取引先様/株主?投資家の皆様とともに/地域社会とともに

お客様/取引先様/株主?投資家の皆様とともに/地域社会とともに

お客様/取引先様/株主?投資家の皆様とともに

エーアンドエーマテリアルグループは、お客様、取引先、株主?投資家の皆様とのコミュニケーションを大切にしています。皆様からいいただいた貴重なご意見?ご要望は社内で共有し、検証したうえで今後の事業活動に活かしていきます。

品質管理

当社のグループは、お客様に満足いただける安全?安心で高品質な製品、工事およびサービスを、持続的に提供致します。

品質方針

  1. 法令、協定および契約を遵守します。
  2. 当社のもつ防耐火?断熱?防音技術の品質向上を図り、顧客満足の向上に努め、安全?安心?快適さを継続的にお届け致します。
  3. 市場のニーズを的確に把握し、品質技術の修得?人材育成に努めます。
  4. 品質の継続的な向上に努め、当社グループの発展を図ります。

品質安全方針

  1. 品質マネジメントシステムを適切に継続させるため、定期的にレビューし、継続的な改善を行います。
  2. 製品には、法令により規制された使用禁止物質が含まれていないことを確認すると共に、製品に含有する化学物質を必要に応じて通知?表示致します。
  3. 製品の不適切な用途への使用や、取り扱いによる不具合を避けるため、技術資料、カタログ、ホームページ等により、注意事項および取り扱い方法を明示致します。
  4. 製品、工事およびサービスに不具合が発生した場合は、すみやかに原因の究明を行い、必要に応じて回収、改善工事等を実施するとともに、遅滞なく再発防止に努めます。
  5. エーアンドエーマテリアルグループ全員が、顧客満足向上のため、よりよい品質?コスト削減?納期厳守への限りない挑戦を続けます。

情報セキュリティ

当社グループは、情報資産のセキュリティを確保することは重要な経営課題であり、また重大な社会的責務であると認識いたします。当社グループは、安定的に経営活動を維持するため、以下に「情報セキュリティ基本方針」を定め、すべての役員および従業員等はこの基本方針を遵守し、当社グループの情報資産を適切に取り扱い、保護、管理に努めます。

情報セキュリティ基本方針

  1. 当社グループは、情報セキュリティに関する法令およびその他の社会的規範を常に遵守します。
  2. 当社グループは、情報資産について、管理方法、管理者および取扱基準等を規定し、情報セキュリティの保護を行います。
  3. 当社グループは、情報資産を破壊、紛失、盗難、漏洩、不正使用、故障、災害および誤処理等から保護するため、適切なセキュリティ対策を講じます。
  4. 当社グループは、情報資産にセキュリティ上の事故が万が一発生した場合は、迅速に被害を最低限に止める処置をとるとともに原因究明を行い再発防止に努めます。
  5. 当社グループは、すべての役員および従業員等に対して情報セキュリティについての教育および啓蒙を行い、情報セキュリティの周知徹底に努めます。
  6. 当社グループは、情報セキュリティ基本方針および関連する規則、管理体制の評価および見直しを定期的に行い、情報セキュリティの継続的な改善を図ります。

情報セキュリティ推進体制および活動

当社グループは「情報セキュリティ管理規定」を制定し、これに基づく管理体制のもと、情報セキュリティ保護活動に取り組んでいます。2019年度は、推進体制として従来からの「システムサポート担当」を刷新し、全国の拠点に増員配置することで、情報セキュリティに対する管理体制の強化を図りました。また実地面では、現行のセキュリティレベルを維持した働き方改革への取り組みとして、在宅勤務?テレワークへの対応を視野に入れたMicrosoft365の導入を実施しました。今回当社が導入したMicrosoft365は、その中でも国内外の政府系機関に採用されているセキュリティレベルの高いグレードを選定していることから、現在考えられる最も堅牢なグループウェアと言えます。これにより社外からでも社内と変わらずPCで連絡を取ることが可能となり、また、これと併せて各部署?各人が持つデータのクラウド化を推進したことから、情報系ソースについて、安全が確保されたうえでのデータ共有化と、どこでもアクセスが可能となる環境が整いました。2020年度にはこれを基盤として勘定系ソフトウェアにも展開を図る予定です。

知的財産の保護と活用の状況

2020年3月末現在、当社グループでは主として特許(138件)、商標(184件)を中心に産業財産権による自社事業の保護を進めるとともに、他社の権利についても尊重し、公正な競争環境のもとでの事業活動に取り組んでいます。前記の活動を支えるため、知的財産を管理する専門部署を設置するとともに、技術系社員を中心に知的財産制度の理解を深め意識を向上させる教育?啓蒙に取り組んでいます。

特許庁知的財産制度説明会参加 実務者向け:知財担当者 太平洋セメントグループ特許研修 2019年7月19日、8月1?2日 開催 知的財産ベーシック研修会 当社参加9名 2020年1月29日開催 特許明細書研修会 当社参加7名 その他知財専門講習:法務、知財担当など、延べ4名受講 2019年9月30日 開催 知財推進会議 参加企業16社 参加者38名 セグメント別の特許権保有数 その他(基礎分野?環境関連) 17%(23件) 工業製品?エンジニアリング事業 19%(26件) 建設?建材事業 64%(89件) 合計138件

セグメント別の特許権保有割合は上記のとおりとなっています。主力事業の権利保護を厚くしていく方針のもと、鋭意新たな技術開発等に取り組んでいます。

IR情報開示の方針

当社は、株主?投資家の皆様を重要なステークホルダーであると認識し、金融商品取引等の諸法令および東京証券取引所の定める適時開示規則に従い、透明性、公平性、継続性の確保に努め、投資判断に必要な企業情報を迅速に、わかりやすく開示します。また、諸法令および適時開示規則に該当しない情報についても、投資判断に必要な企業情報は、できる限り積極的かつ公平に開示します。

当社のホームページは、従来より閲覧者のアクセスツールの多様化に対応するためレスポンシブウェブデザインを取り入れるとともに、コンテンツの充実やIR情報等の可視化を促進しています。2019年度はホームページに早わかりコンテンツを追加し、主に株主、投資家、採用向けに当社の理解度促進を図る等、ホームページのさらなる拡充を図りました。

株主還元の基本方針

当社は、健全な企業活動による利益の確保と拡大をめざし、安定した収益に基づきその一部を配当として株主の皆様に還元することならびに継続的かつ安定的な配当の実施を基本方針とし、剰余金の処分を決定しています。本方針に基づき、2019年度の剰余金の配当につきましては、2020年3月期の業績および今後の事業展開等を勘案し、中間配当として1株当たり25円、期末配当については1株当たり30円としています。内部留保資金の使途につきましては、今後の事業展開への備えと研究開発費用として投入していくこととしています。なお、当社は中間配当を行うことができる旨を定款に定めています。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会としています。また、2021年3月期より連結配当性向30%を目安として業績に応じた継続的かつ安定的な配当を実施してまいります。

株主?投資家の皆様への環境整備

株主総会が株主との建設的な対話の場であることを認識し、様々な株主の視点に立って、より議決権を行使しやすい環境の整備を図るため、2019年3月期の株主総会から従来の書面による議決権行使に加えて、インターネットを利用した議決権行使を導入しました。また、海外投資家にとっても議決権を行使しやすい環境を整備するため、2019年3月期より招集通知の英訳を行っています。2019年度は、投資家に当社のビジョンや経営戦略を理解していただくことで投資家との間に信頼関係の構築を図るため、個人投資家向け会社説明会を開催する等、株主との建設的な対話の促進を図りました。2020年度は、個人投資家向け会社説明会に加え、機関投資家向け決算説明会も実施する予定です。

個人投資家向け会社説明会

独禁法および下請法遵守のための取り組み

―公益財団法人公正取引協会『公正取引』にて紹介

当社における独禁法および下請法遵守体制のための取り組みについて、公益財団法人公正取引協会の機関誌『公正取引』(2019年12月?第830号)にレポートが掲載されました(標題「株式会社エーアンドエーマテリアルにおける独禁法および下請法遵守のための取組―不燃材料の製造?販売会社におけるコンプライアンス―」)。紹介した具体的な取り組みは以下になります。今後も、公正な取引ができるよう社内チェック体制の充実を推進します。

  1. 「競争事業者一覧表」「事業者団体一覧表」「下請事業者一覧表」の整備および活用。
  2. 2019年度の法務監査から、独禁法?下請法遵守状況、独禁法?下請法遵守のための啓蒙活動の実施状況を数値化して評価する「法務監査チェックリスト」を導入。
  3. 下請取引契約に関する当社の契約書の雛形に総務部法務グループを受付窓口とする「下請取引相談窓口」を明記し、下請法遵守体制の更なる強化を図るとともに、下請取引の円滑化を推進。
  4. 独禁法?下請法に対する理解を深めてもらうため、入社3年時の社員に「eラーニング」による研修を実施。

地域社会とともに

当社グループは、社会の一員として地域社会との共存?共栄を図るため、本社および全国の事業所が展開する地域活動への参加を通じて、それぞれの地域とのコミュニケーションを深めています。

地域活動への参加?協賛

大在中学校の生徒が職場体験

朝日珪酸工業㈱は、隣接する大分市立大在中学校の学習の一環として、毎年職場体験学習の生徒を受け入れています。2019年7月には2年生3名が2日間訪れ、工場での生産工程、製品の使用用途や品質管理全般について説明を受けた後に品質管理業務を中心に体験学習していただきました。生徒の皆さんは、日頃見ることのない製品や試験機器を用いた製品検査業務の体験は新鮮であったようです。また、当社従業員とのふれあいの中で、あいさつやマナーだけでなく、働く職場のルールや健康で働くことの大切さを感じてくれました。地域の学校からこのような職場体験の機会を賜り、とても有意義に感じております。当社も中学校や生徒の皆さんと積極的にコミュニケーションを図り、より良い職場体験ができるように工夫して、今後も職場体験の受け入れを継続して地域の皆様との交流を深めてまいります。

職場体験の様子

神奈川県鶴見警察署へマスクを寄贈

㈱エーアンドエーマテリアルの本社では新型コロナウイルス感染防止用にマスクを在庫していましたが、縁のある自治体で有効活用をしていただこうと、本社ビル地区を管轄している神奈川県鶴見警察署へ450枚寄贈いたしました。後日、鶴見警察署から当社の貢献に対し感謝状をいただきました。

神奈川県鶴見警察署長へマスク寄贈の様子

新型コロナウイルス感染症対策で寄付

新型コロナウイルス感染症対策への支援として、㈱エーアンドエーマテリアル本社、生産工場、生産子会社が所在する市区町に対し、総額900万円の寄付を実施しました。これを機会に当社グループが地域の皆様と交流を進め、良好なコミュニケーションが図れるよう、今後も地域貢献に積極的に取り組みます。

鶴見区長への贈呈の様子

製品に関する
お問い合わせ?お見積り

男人把女人桶到爽爆的视频/免费韩漫无遮漫画大全在线/久青草国产在线观看视频/诗锦在公共汽车全文阅读